McClelland Old Dog を吸ってみました

相変わらず煙草の味の感じ方はイマイチなのですが、最近吸ってい銘柄を紹介してみます。
ヴァージニア/ペリクのブレンドが好きなのですが、なかなか旨味が感じられないので、味が濃く、なおかつ甘そうな煙草ならよいかなと。ストックしてあったMcClellandのOld Dogを空けてみました。
日本国内でも流通しているマクレーランドの缶ですね。イングリッシュブレンドはあまり吸った経験がありませんが、オリエント葉の独特な香りは少し苦手です。ラタキアは965やフロッグモートンを美味しいと感じられたので、嫌いではないのだと思います。大好きではないですが。夏場はラタキアが美味しいというようなことがどこかに書いてあったような気がします。舌や体調の問題で煙草の味が感じにくい時は965やフロッグモートンなど吸いやすいラタキアなどがいいかもしれません。そう言えばこの間吸い終えたダンヒル ナイトキャップも結構おいしく吸えました。
Old Dogは缶を開けるとこんな感じです。tobaccoreviews.comによると葉組はブラックキャベンディッシュ、ラタキア、オリエンタル/トルコ葉、ヴァージニアとなっています。この表記の順序は配合の量が多い順だったりするのでしょうか。カットはリボンと書いてありますが、ブラックキャベンディッシュでしょうか、結構ラフで大きな葉があります。かなり湿っていて着火に苦労するのでパイプに詰める前に少し置いて乾かしてから詰めるています。香りはラタキアのものと、それとは別の燻製したような渋い香りがあります。非着香と書いてありますっが、ブラックキャベンディッシュにこの燻製臭をつけているのではないかなとおもいますが、詳しく嗅ぎ分けられるほど経験もありませんので不明です。
先日修理したスタンウェルのフレイムグレインのパイプYoutube動画で見て習ったフランクメソッドで詰めて吸ってみました。ボクの周りにはパイプスモーカーが居ないので、詰め方も吸い方も全てネットの情報しかありません。ベテランスモーカーさんが近くにいらっしゃれば教えてもらいたいところなのですが、田舎なのでなんとも。
湿っている状態だと着火に苦労しますが、少し乾燥させると火付も火持ちも良いと思います。はじめのうちは渋い味と、例の燻製臭に由来するものか、なんというかほうじ茶の葉っぱを噛んだような独特な味がします。「leathery」ってこのことでしょうか。途中から甘みと旨味が出できて、渋みと独特の味と混ざり合います。濃い烏龍茶に少し砂糖を入れて飲んだらこんな味かもしれません。他では味わえないものですね。ボクが苦手なオリエントの香りも強くないので吸いやすいです。
アシュトンブランドのリバイバルらしいので人気のあるブレンドなのかもしれません。やみつきになるというほどではありませんが、甘みと旨味があり味も濃い目なので、ヴァージニアの味が感じにくい時などにはいいかもしれません。湿気が多いのと食べ物にはない複雑な香りと味なので初心者向きとは思いませんが。

こんな感じで煙草の味は少しずつ感じられるようになってきました。諦めずに吸い続けていてよかったです。ただ、おいしく感じている時に強くすってしまうせいか舌が荒れてしまうことが度々です。そんな時に最近使っているのがトラフル軟膏です。
寝る前に舌に塗ると痛みが和らぎます。ただ、これを塗った状態でパイプを吸うのはあまり良くないです。消炎鎮痛剤なので感覚が麻痺するのでしょう。そもそも舌が荒れている状態ですから煙草は控えなければダメですね。


パイプ(煙草) ブログランキングへ

広告を非表示にする