クリーニング STANWELL Antique 19

今回はSTANWELL Antique 19のクリーニングです。
状態はそれほど状態は悪くありません。アーミープッシュタイプでマウント部がなにか不明な素材で継がれています。骨系の素材でしょうか。ステムのロゴが消えかけています。割と刻印が深いので今回は色を付け直すことにしました。
まずはボウルをアルコール塩漬け。リーミングして荒目のペーパーで削りました。
ステムはオキシクリーンに漬けた後、一旦ロゴ部分を隠して変色がなくなるまでペーパーで段階的に処理し、黒く艶が出てきたらロゴのマスキングを剥がします。模型用の白の塗料をスミ入れの要領で流しこむように着色しました。はみ出した部分は拭いて取り除きます。数回繰り返してロゴの色が十分付いたら乾かして、もう一度ロゴ周辺をペーパーがけ。今回は変色部分が若干残ってしまいましたが、これ以上削ると刻印が浅くなってしまいそうなのでここまで。コンパウンド3段階で艶を出します。
ボウルも歯ブラシにコンパウンドを付けて3段階磨きをしました。その後今回はギター用の「Feed-N-Wax」を使ってみました。ちょっとオレンジオイルの匂いがありますが、しばらくすると匂いはなくなります。「HALCYON Ⅱ WAX」を使ってみたいのですが、入手するのがしばらく先になりそうなので。いいシェイプです。
綺麗に仕上がり満足です。


パイプ(煙草) ブログランキングへ

広告を非表示にする